ホーム > 活動報告

活動報告

大野JCの活動をお知らせします。

4月27日開催されたブロックアカデミーに参加してきました

4月27日(日)に福井県立大学において、公益社団法人 日本青年会議所 北陸信越地区 福井ブロック協会福井ブロックアカデミー事業、「JC University」~熱くアツく先導しよう!まち、ひと、JCを~が開催されました。大野青年会議所からは、ブロック委員長として、松田 匡彦君が出向しており、松田ブロック委員長の主催でもある事業でありました。この事業では、3つのコースに分かれ、Aコース「真の日本男児育成プログラム」Bコース「真の国際人育成プログラム」Cコース「JC青経塾」で一人一人に合ったコースを選んで頂き、いろんな学びや気付きができる事業でありました。

Aコース「真の日本男児育成プログラム」は、世のため、人のために貢献できる自分づくりの定義を明確にし、「知行合一」を実践的な生き方の模範とした真の日本男児にふさわしいJAYCEEの育成を目的としております。
真の日本男児になるためには、まず、JAYCEEとしての責任と覚悟を持ち親子の間だけでなく全ての人間関係に存在する思いやり・優しさを伝えることのできる親の育成。そして、私たちが目指すJAYCEEが明るい豊かな社会にするには、まず私たち自らが、愛に満ち溢れた説得力のあるJAYCEEの確立しまっとうな大人に育むことができ、明るい豊かな社会につながるのではないかという部分を学ぶ事ができました。

Bコース「真の国際人育成プログラム」は、日本人としてのアイデンティティ確立の重要性を認識し、相互理解の意義を正しく理解すること及び実践することのできる「真の国際人」の育成を目的としております。モジュール1~4の構成で開催しました。モジュール1:日本の作法の由来、偉人、親日国の理由などの先人における観点から日本の誇りを育成する。
モジュール2:現代日本に内包する素晴らしい価値を見つめ直し、日本の誇りを育成する。
モジュール3:自国と他国のそれぞれの良さを学び、これからの国際社会で必要な要素を気付く。
モジュール4:なぜこのプログラムが必要かを今後の中でどのように活かすかを考える。グループディスカッション形式でした。

Cコース「JC青経塾」は、3つのつながり(人間のつながり HR)(企業とのつながり CR)(地域とのつながり LR)この3つのつながりを自分自身が今現在、どれだけ実践をしているのか、そしてこれからどのように実践をしていくと3つのつながりが良くなるのか自己分析、グループディスカッションを行い、これから一つでも実践、行動する宣言をしました。これから一つでも身近なところから実践、行動をしてみてはどうでしょうか。

 

 




4月例会開催しました。

4月10日(木)に4月例会 知っていますか?我が宝「七間通り」~さらなる輝きをもとめて~を開催致しました。私たちの大野において小京都と呼ばれる城下町にある七間通りが、伝統・文化・歴史の面においても地域の宝の一つであり、これまで以上に魅力のある大野の宝にするする為に、これまでの歴史を今一度学び、消費者・観光客の立場で考えて頂き、今後の七間通りをさらに魅力のある宝へと発想する一助となることを目標で開催致しました。今現在、市民の方々が大野の宝について何を思い、何を要望しているのかを知り、この先、私たちがまちづくりのリーダーシップを発揮するために、そして、魅力のあるまちづくりの実現する大野人となるために、いろんな角度から七間通りをみつめ、七間通りに関する方々との絆を深め、会議所活動をしていきたいと思います。

 




会頭公式訪問に参加してきました♬

3月26日に武生の地において、公益社団法人 日本青年会議所 第63代 鈴木会頭が来られました。私たちメンバーも会頭公式訪問に参加してきました。会頭の講演会と名刺交換会があり、講演会では、鈴木会頭の熱い思いがすごく伝わりました。名刺交換会では、交流を深めることができました。




PAGE TOP

Copyroght © 2019 Junior Chamber International Ono. All Rihgt Reserved.