ホーム > 大野JCとは > 理事長所信

理事長所信

 

 

2019年度 スローガン

捲 土 重 来

~同志と共に今蘇る青年経済人であれ~

2019年度公益社団法人大野青年会議所
理事長 真柄 正宏

所  信

はじめに

半世紀以上の歴史をもつ公益社団法人大野青年会議所は時代の変化に合わせ三信条である「修練・奉仕・友情」を幾度も重ね今日の繁栄に至ります。物質的にも豊かでいて、戦後最長の景気回復が続く適温経済の中、来年には56年ぶり2回目の東京オリンピックも間近に控え、日本は世界中から注目されています。また新幹線の延伸や中部縦貫自動車道の整備により、交通の便も今後益々よくなる見通しの中、先の見えない混沌とした時代から我々が経験した事の無い追い風が吹いているようにも感じます。一方、少子高齢化や歯止めの効かない人口減少、近年では異常気象における大規模災害の多発も加わり課題も山積みです。青年会議所しか無いと言われた時代から青年会議所もある時代と言われる中、我々は地域からどのような活動が求められるのでしょうか。他団体との差別化を図り、時代に合った唯一無二の存在であり続けなければ我々の存在意義はありません。我々しか出来ない事、成しえない事を追求し常に進化して行きましょう。

過去数年の会議所を振り返ると、会員数の減少による事業規模の縮小や組織全体の弱体化、また本来であれば志を同じくするはずの会員の意識や誇りにも格差が現れ、地域のリーダーとしてもっとも必要とされる人間力にも曇りが見えてきたように感じます。もう一度、我々は何のために活動し地域から何を必要とされているのか、何が正しくて何が間違いなのか、正しい知識と正確な答えが出せるよう日々精進し信念を持って主体的に行動しましょう。共に歩み共に励もう。明るい未来はすぐ近くに待っています。

無限の可能性を秘めた舞台

青年会議所活動の最大の魅力は質の高い機会の提供です。個人、組織、地域がもつ可能性を引き出す機会や日々の活動を通じて提供される機会、先輩や出向先での出会いから刺激を受ける機会など様々です。私たちは青年会議所に所属していることで常に多様な機会を与えられています。私たちの身の回りに起こるすべての機会を通じてより良い変化を自身が行い能動的に活動する事が我々の使命であることを理解し、この組織がもつ機会を十分に活かし、魅力と可能性を周囲に明確に伝えることが、より強く大きな運動を推進するために必要であります。青年会議所は「人生最後の学び舎」として例えられ、「様々な機会を通じ自らの学びとするところである」と表現されています。それだけ学べることは多くあり、この組織がもつ機会を限られた時間で最大限に活用し、一瞬の体験を通じ一生を変え、地域や国をより良く導く自らをリーダーへと高めていきましょう。そして、自らの可能性を信じ挑戦し続けることで、自らを輝かせるだけでなく周りの人たちをも輝かせるようになっていただきたいと思います。一人でも多くの仲間とこの舞台で学び挑戦し続けましょう。成功の反対は失敗ではなく挑戦しない事です。

リーダーの本質を高めよう

時代は多種多様な価値観のもと、目まぐるしく変化をしています。急速に進化する時代に対応しながら、新たな価値観を常に生み続けなければならない今、地域社会の中で求められるリーダーとしての資質も変化しています。

今まで以上に力強く青年会議所活動を展開し、様々な課題を解決へと導くために、指示や命令で人を動かすだけではなく、現状を冷静に把握し仲間と誠実に向き合い、信頼を得るための資質を高めなければならないと感じます。多くの人を巻き込み大きな力に変えるには、考えや想いを円滑に伝え合い正確に理解し合い、相手の気持ちに寄り添う共感力、相手の変化に気づく観察力を育てる必要があります。また、様々な場面において自分の意見をどのように伝えるかを工夫する表現力、あらゆる場面で何が問題なのか原因を模索し想い描き、未来に向かって新たな道を切り拓く構想力も育てる必要があります。実現可能な貴重な成長の機会を提供し、JAYCEEとしての資質向上を図ります。共感力、観察力、表現力、構想力を育み、誠実かつ真剣に熱い想いをもって率先して行動することで、信頼から共感を生む人の心を動かす人材育成へとつなげましょう。

人づくりからまちづくりに

地域の未来を語る前に、自分の会社の明日をしっかりと描こう。自分の住む地域を語る前に自分がしっかりと仕事や家族に向き合えているか考えよう。自分が変わらなければ周りは変わりません。人が変わらなければ地域も変わらない。地域を語る前に、自分を律することから始めよう。

人が成長すれば、まちの成長に繋がります。次世代を担う子ども達は地域の未来にとって大切な人材です。活力あふれる地域創造の為、子ども達が夢を描き希望を叶えることができる力を持つ人材となるように、まずは大人が自分の言動に責任を持ち、自立した社会性を身につける必要があります。これまで以上に道徳心を向上させ、相手を思いやる気持ちを大切にする優しい大人へ成長していくことが我々には必要です。

青少年の成長の過程には必ず大人との出会いがあります。このまちの将来のために、我々が家庭や学校、地域が青少年の育成についての問題意識を持ち、行政と連携し各々の立場を理解と認識し合い、現状を分析しながら更なる教育の質を高めていくことが必要です。

~結びに~

青年会議所活動を行うにあたり挑戦し続ける限り幾度と困難に直面します。しかしどんな状況であっても先輩たちは諦める事無く、JAYCEEとして失敗を恐れず勇気を持って前に進み本気で挑戦する事で成長することを教えてくれました。自分に言い訳することなく、目標と目的を明確に持ち、変化を恐れず柔軟に対応し今日より明日、自分自身の成長に繋がるよう活動して行きましょう。明るい豊かな社会の実現にむけて。それが我々に与えられた責務なのです

基本方針

1 規則を重んじる青年組織構築で捲土重来

地域のリーダーである人材は社会のルールや組織のルールを重んじ、当たり前の事を当たり前にこなす為、今一度基本を見つめ直し礼儀礼節を重んじる品格ある青年組織として継続、発展できる組織を築く。

2 次世代を見据え、会員全員での会員開発で捲土重来

会員開発こそ最大のJC活動。夢を語り入会候補者を誘い共に活動したいと思って頂き、意識改革の輪を拡げることが出来たなら、これほど力強い運動は他にありません。会員の拡大意識を高め、活動しやすい環境づくりなどの内部的な改革を軸とした戦略的な拡大を推し進め、会員一人ひとりの夢が公益社団法人大野青年会議所の力となり、地域に対して大きな共感を与えられるよう行動する。

3 地域を思い、時代と共に進化するリーダー育成で捲土重来

企業の経営者、経営陣として時代の流れやまちの今後を見据え自己成長と資質向上を計れるプログラムの開催。また、青年経済人としての心構え、そして責任を果たせる、真のリーダー像を一人ひとりが描き、バランス感覚に優れた青年経済人になるための資質向上を計る。

4 地域と共に成長する青少年育成で捲土重来

まちの特色を活かした活動をし、他団体との共同事業開催も視野に入れ、大人も参加できる事業開催を行う。また青少年に夢や将来への希望を与えられる事業を行う為、我々が教育を語るに値する大人になるように自分磨きを行い、笑顔が溢れる事業の展開を構築する。

運営方針

1 青年経済人、JAYCEEとしての基本ルールの順守

2 貴重な時間を無駄にしない意義ある議会の運営

3 会員一人ひとりの資質向上を通じての組織強化

4 会員全員での会員開発

5 無理・無駄のない組織構成

 

 

PAGE TOP

Copyroght © 2019 Junior Chamber International Ono. All Rihgt Reserved.