2021年度公益社団法人大野青年会議所

 

理事長 松井 孝浩

 

所  信

はじめに

2020年、新型コロナウイルスによるパンデミックが私たちを精神的に窮地に追い込み、社会的、経済的にも大きな影響をもたらしました。政府の示した新しい生活様式を実践し、感染拡大の防止に取り組んではいるものの、実際には感染者への批判や差別に対する恐怖から、人との接触に抵抗を感じながら日々生活しているのが現状です。どのような災害が起ころうとも、我々大野青年会議所は明るい豊かな社会を築き上げるという共通の理念のもと、家族のため、大野市のために常に課題解決に向け行動していかなければなりません。自らが強い意志を持ち、ビジョンを描き、行動指針を定めることが人の進化に重要なのではないでしょうか。そのためには、理想を語りあうだけではなく、さまざまな考え方や価値観を取り入れ新しい未来へ歩みを進めることが必要不可欠です。青年会議所会員としての在り方を認識し、自らが変化を恐れず大野市のため、子ども達のために考え、確固たる意志をしっかりと持ち、新たな光が射す未来へと進んでいきましょう。

 

繋がりから未来へ繋ぐまちづくり

大野市は大型インフラ整備として中部縦貫自動車道の全面開通が予定されています。多くのビジネスチャンスが見込まれるなか、このチャンスを「期待する」か「活かす」かの考えで、大野の未来は大きく変わります。大野市には地域の発展を目的とした企業や団体が数多くあります。我々大野青年会議所が、明るい豊かな社会の実現を目指す団体としてのリーダーシップを発揮し、それらの企業や団体を巻き込んだ活動をすることが明るい未来に向けた大野市の創造につながると考えます。成り行きに身を任せて理想論を積み重ねるのではなく、我々大野青年会議所が先駆けとなって、大野市の歴史や自然を基軸とし、地域資源を生かした合理的な戦略を打ち出すことで、地域が一丸となり大野市により良い影響をもたらすことでしょう。多種多様な手法を考え、イノベーションを巻き起こし大野市全体がつながりあえる輝かしい未来に向けたまちづくりに邁進してまいります。

 

未来に向かう子ども達に光を

いつの時代においても子ども達の笑顔は、未来へとつながる素晴らしい財産です。しかし、近年では生活様式の変化やSNSの普及により自らの思いを直接言葉にしてぶつけ合う機会が減少しているのではないでしょうか。成長過程をただ見守るだけではなく、子ども達にとって共に笑い、共に泣き、共に感動しあえる限られた期間の中に、さらに希望の光を差し込むことが我々の使命であり責務だと考えます。時代の流れにより環境や教育の分野が日々変化したとしても、子ども達に将来の夢や希望を描かせる、という我々大人達の使命は変わりません。発達段階に応じて、子ども達の体験できる活動の規模や大きさ、気づきの質は変わります。世代を問わず、時代にあった貴重な学びの機会を展開し、自立心を持ち、輝かしい夢や希望、そして笑顔に満ち溢れた心を持つことの大切さを学んでいける運動を展開してまいります。

 

組織力の秘めた可能性

青年会議所は一人ひとりがそれぞれの価値観をもった組織です。会員同士が異なる価値観に寄り添い、時には意見をぶつけ合うことで、強固な組織を創り上げてきました。しかし、今そのような深い交流の場が減少している状況にあります。組織の中の本質、理念、目的が崩れたとき、組織は崩壊し始めます。このような危機を回避するためにも自らが行動力を高め、主体的な会員になり、会員同士の信頼関係を築くことで、組織力の強化に努めなければなりません。強い組織力があってこそ、地域のためのより良い大きな運動が展開できるのではないでしょうか。また、青年会議所には単年度制の規則があり、一年の任期を遂行することで、多くの経験を積み、会員の成長につなげてきました。会員の成長はすなわち、組織の成長であります。一人ひとりが青年会議所の本質を十分に理解することで、大野青年会議所と大野市がよりつながりあえる未来に向けて日々進化し、影響力のある必要不可欠な組織になるよう目指してまいります。

 

55周年に結束力を

2022年には大野青年会議所創立55周年を迎えます。この節目には未来に向け人と人とがつながり合える時間、そして結束力を高める機会といった多くの可能性を秘めているのではないでしょうか。54年間の検証を踏まえ、我々は常に進化を続け前に進む団体にしなければなりません。そして、会員全員が自律的かつ主体的に意識を変え、永遠の課題である会員拡大を強化していくことが必要不可欠です。会員一人ひとりの質の向上につなげるべく、候補者を巻き込んだ事業を展開します。質の高い会員の活躍の場が増えることが大野市の子ども達、社会により良い影響をもたらすことでしょう。多くの会議において侃々諤々の意見を取り交わし、成長を積み上げている会員も多く存在するなか、青年会議所全体で大野市の未来ビジョンを定めることにより、会員同士が相まって一人ひとりの関係を構築していきます。我々はその与えられた使命を果たすことで、目的を確立し、目標に向けた事業構築を目指し邁進してまいります。

 

~結びに~

2016年に大野青年会議所の入会を期に「断らない」の精神で積極的に青年会議所活動に取り組んで来ました。やり遂げた先を見てみたいという思いが強く芽生え、出向、役職、財政面において不安にかられることも多く、無理だと諦めてしまいそうなときもありましたが、「できない理由を考えるより、できる理由を考えなさい」という先輩の言葉を胸に精一杯活動に励んできました。私が入会して成長ができたのは、青年会議所の活動で、さまざまな経験をし、たくさんの機会に恵まれ、そしてなにより多くの信頼できる仲間に出会えたからです。何を信じ、誰を信じるかは自分で決めるしかありません。青年会議所活動を「強い信念をもって」行動することで、私は自分の進むべき道を見つけることができました。JCは多くの可能性を秘めた団体です。強い信念とJAYCEEであることの誇りを持ち、明るい豊かな未来を創りあげていきましょう。この舞台で

 

《基本方針》

1.小さな輝きを大きく創りあげようここにない未来のために

大野市にある魅力を輝かせ、発信力を抱いた事業を実施します。

2.変化を共に創りあげようここにない未来のために

子ども達の秘めた力を発信できる場を提供できる事業を実施します。

3.あるべき姿とその魅力を創りあげようここにない未来のために

資質を高め、参画意欲が深まる事業を実施します。

4.自己成長で組織力を創りあげようここにない未来のために

全会員で目的達成のために助け合い個々の役割分担を明確にします。

5.描く目標を創りあげようここにない未来のために

全会員の意識統一を拡充し、55周年に向けた輝くビジョンを描いた事業を実施します。

 

《運営方針》

1.JAYCEEとして自己開発と成長を共に

2.常に学びの姿勢を持ち積極的な行動を共に

3.規則の重要性に意識を高めた会議運営を共に

4.会員同士のコミュニケーションを深めた組織を共に

5.福井ブロック協議会との連携と支援を共に

PAGE TOP

Copyroght © Junior Chamber International Ono. All Rihgt Reserved.