ホーム > 大野JCとは > 理事長所信

理事長所信

2017年度スローガン
心ひとつに
~未来を変えるため進化しよう~

2017年度公益社団法人大野青年会議所
理事長 芦原 亮人

所  信

はじめに

1967年、この地域に大野青年会議所が産声を上げ本年は50年目の歩みを進めます。これまでの長きに渡り、大野の明るい豊かな社会の実現のために、たゆまぬ努力と情熱を持って活動を行ってきた諸先輩方に感謝し、我々はその想いを継承し、次世代へ引き継いでいく必要があります。また同時に、情熱をもって青年会議所活動が行えるのも、家族や会社の皆様の理解や協力を得て成り立っていることに、まずは敬意と感謝の念を持たなければなりません。現在、日本は人口減少や少子高齢化など様々な問題に直面しています。これは我々が住む大野の地においても例外でないことは事実です。そして、今までも問題の中味は違っても、将来を危惧する問題はありました。しかし、過去を遡ればその地域のリーダーが現状をしっかり捉え、信念と覚悟を持ち行動し問題を打破してきました。今、地域のリーダーとして大野の現状を捉え、これからの大野がより発展するためにできることを真剣に考え、まちのため、ひとのために未来を変える行動ができるのが我々JAYCEEなのです。この先の、大野の明るい豊かな社会の実現のために、そして大野青年会議所が地域に必要とされる組織であり続けるために進んでいきましょう。

未来を変える青年会議所

青年会議所とは、明るい豊かな社会を築くために「奉仕・修練・友情」の三信条を基本理念とし日々活動を行っている団体です。その活動の中で大きな夢と希望を持ち、地域の未来、自分の未来、そして仲間の未来のために一年ごとに思いを込めて行動しています。青年会議所では様々な事業を通して多くの貴重な経験をすることができます。しかし、この貴重な経験を追い求めるには多くの努力と苦難が伴い、時には挫折するほどの大きな壁に直面することもあります。この壁が高ければ高いほど事業を成し遂げた時に得るものは、より大きなものになります。さらに言えば我々は未来を変えることのできる青年です。この40歳までの限られた時期だからこそ、困難に立ち向かい、常に向上心を持ち、経験を積むことはより地域に波及するのです。青年会議所は紛れもなく地域・自分・仲間の未来を変えることのできる団体なのです。

未来を変えるまちづくり

我々の故郷である大野は、四方を緑豊かな山々に囲まれ、清らかな水と、その水によって育まれた豊かな農作物など多くの魅力があります。さらに伝統や歴史の面においても北陸の小京都と呼ばれる碁盤目状の城下町、又その中心に位置する越前大野城など数多くの宝が存在します。そこには大野に生きた先人達が学んで築き上げたかけがえのないものがあります。しかしながら、我々はこの宝を未来へ存続させることができるでしょうか。時代・環境は大きく変わっています。この激動の時代には変化に合わせた行動が必要だと考えます。もちろんこれから我々が行っていくまちづくりは守るべきもの、変えるべきものを正しく理解して行動していかなければなりません。大野の未来を明るい豊かな社会にするために進んでいきましょう。

未来を変える次代のために

現在、日本は急速なSNS普及などの環境の変化により、より広く情報が得られる一方で、身近にある事象に目が向きにくくなっています。この中で、子どもたちの心のつながりや感謝の心が薄れつつあるように感じます。なぜならば、心のつながりや感謝の心は身近な人と直接ふれあうことにより、実感し、育まれるからです。しかしながら、このような社会を築き上げたのは我々大人社会であり、その責任は我々にあるのです。青年会議所は地域のリーダーでなければなりません。子どもたちの明るい豊かな社会の実現は、我々青年世代の使命と責任なのです。我々が変わらなければ次代を生きる子どもたちの社会は変わらないのです。次代の大野の子どもたちが感謝の心をもって、大きく羽ばたけるように大野に誇りを持てる事業を進めていきましょう。

未来を変える組織のために

大野青年会議所は、創立以来長くその会員数は増加の一途を辿りました。しかし近年は急速な会員数の減少により、日々の活動の中でも制限される危機感を覚えます。大野青年会議所も会員拡大を怠れば10年後には、在籍会員数はわずか数名になってしまうのです。いくらすばらしい運動を考えても、会員が少なければ波及しづらいものになるのです。これは近年の会社組織もこのような人不足を抱えています。これから青年会議所という組織も企業と同じ考えで行動していくことが大切なのではないでしょうか。この組織が5年先、10年先に存続し未来を変える組織になるためには会員拡大は至上命題なのです。同時に会員を社員に置き換えると青年会議所も会員開発にあたる教育やコミュニケーションが必要です。会員が青年会議所活動を通して成長し人材から人財になることは、この組織そして地域において未来の大きな財産になるのです。未来を変えることのできる組織に進化しましょう。

未来を変える50周年を契機にして

大野青年会議所は創立当初から、明るい豊かな社会の実現のために50年の長きにわたり地域のため英知と勇気と情熱をもって様々な青年会議所活動を展開してきました。この活動を通して諸先輩方から受け継いできた青年会議所の役割や意義、そして信念は脈々と引き継いでいかなければなりません。しかし、時代は大きく変わっています。我々大野青年会議所もこの厳しい時代を生き抜くために変化しなければなりません。人や組織は誰しも変化を怖がります。なぜならば変化には大きな労力や苦難が伴うからです。しかし以前と同様の行動をしていても生き残っていけないのも事実です。私はこの50周年という節目がもう一度自分自身を問い質す良い時期だと思います。「何を変えていくのか」「何を守っていくのか」を考え行動していきましょう。行動せずして我々には進化はないのです。

この50周年を期に大野青年会議所が次への新たな一歩を踏み出すために進んでいきましょう。

心ひとつに

2011年に私は大野青年会議所に入会しました。入会当初は新入会員という立場に甘えて青年会議所活動にも積極的とは言えませんでした。しかし先輩からの叱咤激励や同期メンバーの活躍している姿を目にすることで、新たな目標ができ、今日まで活動を続けることができました。そしていろいろな役職を経て今年度理事長となります。入会当初は地域のため、ひとのために活動することの大切さに気付くことはありませんでした。しかし活動を続ける中で青年会議所の利他の心を通じてもたらされる充実感、達成感が私を変えていきました。これは私だけでなく他の会員も同じ経験をしているのではないでしょうか。今我々は同じ時代に青年会議所に入会し、同じ志を持ち活動を行っています。そして本年度は大野青年会議所創立50周年を迎えます。今こそ地域の未来、子どもたちの未来、そして組織の未来を変えるため進化しなければならないのではないでしょうか。

我々なら必ずできる

進もうではありませんか

心ひとつにして

基本方針

1 進化させるまちづくり
各種団体等と連携し、市民のまちづくりに対する意識を変える事業を展開します。
2 進化しよう次代のために
次代を担う子どもたちがこのまちに誇りを持てる事業を展開します。
3 進化しよう組織のために
魅力ある団体であり続けるため、青年会議所一丸となった会員拡大をします
新入会員の教育、フォローを行います。
4 進化しよう50周年を契機にして
引き継がれてきた想いを継承する式典の開催をします。
創立50周年にふさわしい記念事業の開催をします。
5 進化しよう心ひとつに
全会員が、心ひとつにして夢を具体的に描き、その実現のため積極的に話し合い、汗を流し、情熱をもって行動し活動を展開します。

運営方針

1 JAYCEEとしての基本的ルールの遵守
2 心のよりどころとなる組織づくり
3 会員相互のコミュニケーションの重視
4 会員一人ひとりが成長を意識する活動
5 日本青年会議所、地区協議会、ブロック協議会への支援連携
6 創立50周年記念式典および記念事業の開催

 

 

PAGE TOP

Copyroght © 2017 Junior Chamber International Ono. All Rihgt Reserved.