ホーム > 大野JCとは

大野JCとは

青年会議所(JC)とは、明るい豊かな社会の実現を目的とした、20~40才までのメンバーによる国際的・全国的な連携をもって活動する組織です。1949年に日本における青年会議所活動が始まり、今では全国各地の720有余の青年会議所で、4万人を超すメンバーが活動しています。奉仕・修練・友情の三信条のもと、指導力開発と社会開発の事業スローガンを掲げ、市民運動の先頭に立って進んでいます。大野青年会議所は1967年に設立され、地域のリーダーとして、現在40余名のメンバーが人づくり・まちづくりに取り組んでいます。

何をするところ?

毎月行われる例会や委員会事業であるセミナー・社会奉仕を通じて、経営開発(MD)・指導力開発(LD)・社会開発(CD)・人間力開発(HD)を行うところです。また、異業種交流や全国のメンバーとのネットワークを活かし、40才までの限られた時間の中で、自己啓発と自己修練を行う自分のためのフィールドです。

社会にも貢献しています

青年会議所は、熱い行動力で日本海重油流出事故、新潟・福井豪雨、能登半島・中越沖地震の時も各地からたくさんのメンバーがボランティアとして参加しました。大野JCも、事業としてボランティアに協力し、社会に貢献しています

私たちと一緒にJC運動に参加しませんか

社会活動に興味があるが、多忙で参加する余裕がない、会社の業績は上げたいが、年会費がちょっと気になる・・・というあなたこそ、入会をお勧めします。JCは能動的な青年経済人の集まりです。より効率的な時間管理、経営と奉仕活動のバランス、円滑な組織運営などさまざまなものが身につき、自己開発に対する費用対効果は必ず大きいものになると考えています。[入会のご案内

JCの三信条

青年会議所には「奉仕・修練・友情」という三信条があります。それぞれを別々のキーワードと捉えるのではなく常に等号で結び、JC運動の根幹を示す信条と考えます。 

JCの4つの機会
  • 「個人の機会」(Leadership Development) 指導力開発・人間開発の機会です。さまざまな研修プログラムや活動のなかで、 自己啓発の機会があたえられます。
  • 「地域の機会」(Community Development) 社会開発・まちづくりの機会です。 地域社会との関わりができ、社会奉仕活動をする機会があたえられます。
  • 「国際の機会」(International) 国際交流・国際貢献の機会です。 世界会議・ASPACやJCI(国際青年会議所)の会員として、世界と関わる機会があたえられます。
  • 「ビジネスの機会」(Business) 経済活動・経営開発の機会です。 日本全国、世界全国の志あるメンバーと出会うことができ、新しいビジネスの機会があたえられます。「ビジネスの機会」(Business) 経済活動・経営開発の機会です。 日本全国、世界全国の志あるメンバーと出会うことができ、新しいビジネスの機会があたえられます。
大野JCではどんなことを行っているの?

地域の青年経済人として、公共心と行動力を持ち、自己改革を進め、 より良き社会の実現に向けて、地域と経済の活性化を起こす「変革への志をもった人財(ひと)づくり」を行っています。

PAGE TOP

Copyroght © 2017 Junior Chamber International Ono. All Rihgt Reserved.